■ カロンズルーム~新人養成塾~ 塾生募集中 ■

 
新人アーティスト発掘プロジェクト発足から6年、幸い応募者数も増え、若手がしのぎを削る舞台として機能しています。
名称の“カロン”は、“美”を意味しています。
応募者は塾生として5回の個展発表(できれば毎年)を経て塾生期間を終了とします。
そしてプロ意識を持ったアーティストとして第一歩を踏み出していくことになります。
その後は、企画展あるいは半企画展の開催となります。
詳細は下記のとおりです。
■応募資格  20~29歳までのアーティスト志望の方
■塾生期間  期間中ギャラリー風にて個展5回(できれば毎年1回が原則)
■参加費  

個展時の費用 20万円
(長形ハガキ、カラー写真2点掲載の案内ハガキ代金含む。)

■個展開催期間 10日間(搬入日・搬出日を含む。)
■定員 年間3~5名

【特典】
澤玄昭(特別顧問/コンサルタント)が塾生をプロデュース。
塾生期間中、必要に応じてコンサルタントします。
高田光治氏(大阪芸術大学准教授)より技術的なアドバイスを受けることができます。
初回個展案内ハガキに加藤義夫氏(キュレーター/美術評論家)のコメントを掲載。
4回目の個展に坂上義太郎氏(BBプラザ美術館顧問/伊丹市立美術館元館長)のコメント掲載。

国内アートフェアへの出展(無料。個展を開く年に数点の出展。)
海外アートフェアへの出展(実力に応じて相談、費用負担あり。)

個展(ギャラリー風にて)3回以上の塾生はグループ展(無料)を開催。
塾生期間終了後、ギャラリー風にて個展の場合は企画展あるいは半企画展。

【その他】
個展発表を5回終了した塾生はアドバイザーとして登録。
後進の塾生の相談や指導をお願いします。
定期的に合評会および懇親会あり。(講師を迎える場合もあり。)

コンサルタント:澤 玄昭
顧問: 坂上 義太郎(BBプラザ美術館 顧問 / 伊丹市立美術館 元館長)
  加藤 義夫(キュレーター/美術評論)
  高田 光治(大阪芸術大学 准教授)
総合プロデューサー:泉井 千恵



お問い合わせはこちら
お電話・FAX:06-6228-0138でもお申込みいただけます。