■ 輾転傳プロジェクト ■

造形作家 高須英輔氏によるプロジェクト。

思い出を「見えるかたち」=作品にして、
暮らしの中に

人は思い出によって守られているといいます。

故人を偲ばせる形見、取り壊しになった家や店舗の部材、
お子様の幼い日の愛用品などをアートにしてみては
いかがでしょうか。

ふと見上げれば、そこにはいつも幸せな記憶、
あたたかい思い出があって癒され守られている
そのような日常をご提案したいと考えております。

後世まで残すべき歴史や思い出を形にしてきた造形作家、
高須英輔さんのデザインおよび制作により、思い出の品は、
世界にひとつだけのアート作品となります。

※思い出の品は、エピソードと共にギャラリー風まで
直接お持ちいただくか、このページを印刷し、
下記申込書にご記入の上、思い出の品とともにご送付ください。
(思い出の品は、破損することのないよう梱包し、
宅配便、 郵便小包、簡易書留等にてご送付くださいます
ようお願い致します。)


-----------------------------------------------------切り取り-----------------------------------------------------

 
お名前:
ご住所: 〒
TEL:
e-mail:
ご希望サイズ:
  タイプベースパネル
(縦x横cm)
中央部分
(目安縦x横cm)
価 格
(税込)
A15.0×15.07.5×7.50¥31,500
B25.0×25.0010.0×10.0¥63,000
C40.0×30.030.0×15.0¥105,000
D45.0×45.020.0×20.0¥157,500

※各サイズは目安を記載しています。D以上のサイズはお見積りになります。
※ご記入は、楷書でお願い致します。